B i o g r a p h y

内藤希花(ないとう まれか)

9月22日生まれ。

3歳よりピアノ、6歳よりバイオリンを始める。

小、中、高校時代にSTV青少年音楽コンクール弦楽部門、日本クラシック音楽コンクール、ヴェルスス国際ジュニアバイオリンコンクール(於 イタリア)など各種コンクールで入賞。

2007年 アイリッシュミュージックに出会い、フィドルを始める。

2008年 横浜市立大学医学部医学科に進学。

以降毎年夏はアイルランドに渡り、フィドルを学ぶ。

2010年 アイルランド最大のミュージックフェスティバル「Fleadh     Cheoil(フラー・キョール)」にて、フィドル部門のコンペティションに初めての日本人として参加。

2011年以降、アイルランド各地で現地のミュージシャンとツアーを行う。

2014年 医学科を卒業。医師免許を取得。アイルランドと日本での本格的な音楽活動を開始。

現在はフィドルに加え、アイリッシュ・ハープ、コンサーティナも演奏する。

2018年 今後世界で活躍していく若手の音楽家に贈られる第15回 ベストデビュタント賞を受賞。

Mareka Naito

過去の活動(アイルランド)

Galway "Tunes in the Church"出演・Dingle   "Tunes in the Church" 出演

Castleweelan "Soma Festival" コンサート出演、セッションホスト
Wexford "Phil Murphy Weekend" コンサート出演

Feakle International Traditional Music Festival セッションホスト

その他アイルランド各地のパブでセッションホスト、コンサート出演など